プリアンプの受信感度は皆同じ様な物だと思っていませんかそうでは決して有りません、中にはズバ抜けて明瞭度の良いプリアンプは有ります。実は知られていないだけで素晴らしい受信感度のプリアンプは存在しているのです
プリアンプの良さは人の噂とか記事で読んだでは到底納得出来る事は無いでしょう、自分で使って見る以外本当の良さは絶対に理解出来る事では有りません、あまり良く無いプリアンプでも少しは効果が有るのでそれで満足してしまっていませんか ??本当はもっともっと効果の有るプリアンプは有るのです。
受信感度の素晴らしく良いプリアンプが有名に成る事はあまり有りません何故なら自分が使用して居るプリアンプが素晴らしいと人には教えたくは無いとの事です、人が自分と同じ様な感度に成ってしまっては面白くは無いからだそうです。これは事実です。このお話は大多数の お客様から伺っています。気持ちは理解出来ると思いますが貴方は如何ですか ?従って本当に素晴らしいプリアンプを知って居る人は現在それを使用して居る人だけです。人に知れ渡る事はマァ有りませんずば抜けて素晴らしいプリアンプは存在します、知られていないだけです。驚く程受信感度の良い局がいたらそのプリアンプを使用して居る筈です。そんなプリアンプを手に入れたらと考えるだけでワクワクしませんか ?優越感でアマチュア無線に対する情熱も面白さも一転すると思いませんか ?

NOA 川越無線ホームページ
他メーカーのプリアンプ.リニアアンプの修理をお受けしています。
東京ハイパワー、エリート、アンテン、トウノウ、等の修理をお請けしています。
他メーカープリアンプの修理費は¥ 13.000.- +送料 1.000.-です。
他メーカーのリニアアンプリニアアンプの内蔵受信アンプの修理代
又は改造費は ¥ 23.000.- + 送料 1.000.-です。
他メーカーのプリアンプに同軸給電回路の組み込み費は 
¥8.000.- + 送料1.000.-です。
内蔵プリアンプですが、修理だけでは感度不足の場合は一部改造
して感度アップします。基板追加 \ 23.000.-但し、終段半導体の交換の無い場合の送信部修理費は16.000.-プラス送料 1.000.-にて修理します。

本文へジャンプ

NOA

プリアンプの利得とNF値の関係
プリアンプは幾ら利得が高くても NF値 が高い物はノイズばかりが増えてプリアンプとしての役は果たしません利得が多くても NF値 が 1dB以上 で有れば弱い信号はノイズ含みの信号に成ってしまい肝心の信号は聞き取れないのです、NF値 は周波数に寄りますが 50Mhz 144Mhz 430Mhz の周波数では 0.5dB 以下でないと殆ど使い物に成らないでしょう、利得が20dBであっても NF値 が高い場合は殆ど使い物に成りませんが反対にNF値 0.2dB 位なら利得は 50dB 有ったとしてもノイズ増えないので十分使用可能なのです。又たとえ利得が10dB しか無いとしても NF が 0.2dB 以下なら信号が浮き上がりノイズが沈み込むので素晴らしく聴きやすく成るのです。

又一局遠い局が近くに成りました
アンテナ直下プリアンプ    プリアンプの最高峰  
夢のプリアンプが出来ました、NF 最低値
特性表の欄に特性を記載しました。    2018.12.発売
新発売製品有り
ます
HEMT FET 2段  
NF 0.1dB   最大利得40dB

RF1 FHX76(富士通)   RF2 2sk2685 (NEC)
 3Ghz 同軸リレー使用    価格表に表示  

LNA = Low noise Amplifier
NF =
雑音指数 (Noise Figure)

今迄に低雑音受信アンプ(LNA)を納品した
大学、高校の研究室
東京大学大学院 工学系研究科 
航空宇宙工学室 東北大学大学院理学研究科 惑星プラズマ・
大気研究センタ和歌山大学 宇宙教育研究所 生涯学習教育
研究センター
大阪府立大学 工学域 工学研究科 
小型宇宙機システム研究セン九州工業大学 工学科 工学府 
先端機能システム 趙研究室東海大学工学部 東京工芸大学 
新潟大学 山形大学鹿児島大学 群馬大学 東京電機大学 
東京工業大学 静岡大学横浜国立大学 山梨大学 千葉大学 
川越工業高等高校、伊奈学園 東京都立航空工業高等専門学校 
NHKアイテック関東 NHK山形 NHK 静岡パナソニック(株)
エコソリューションズ社  松下電器 (株) 用途・・・用途は主に
銀河系中心部の水素原子量の測定  種子島JAXA関係の
衛星通信用受信機LNA  製作したLNAの周波数は様々です。
和歌山大学での銀河系中心部探査の水素原子量 (1420Mhz) の
測定では当店のLNAはとても好評でした。

NFの悪いプリアンプでは外部ノイズより自分のアンプから出て居るノイズの方が大きいのです。だからプリアンプONにすると信号が埋もれてしまうのです。受信時の邪魔なノイズで最大の物は、自分の使用して居るプリアンプのノイズなのです。外部ノイズ寄り大きいのです。

NF (ノイズフィギャー) 現在受信感度を表す単位として NF の値を目安として居ますNF をdBで表しています、それが信号とノイズが混在する受信信号から NF の値が低い程ノイズから信号のみを引き離す単位として考えて良いと思います、利得とは大まかの話S メーターを振らせる為のレベルと思っています、受信感度としての値では有りません。利得も有る程度は無いと NF の改善は小さくは成りますが、25dB 以上有れば良いとして居ます

抑圧 ( カブリ )  故障と間違えます、要注意 プリアンプ使用時の欠点プリアンプの使用は感度が良く成る一方抑圧には弱く成る弱点が有ります、比較的強力な電波が聞いている周波数の近くに出て来ると急に感度が大きく低下してしまう事が発生しますこれはプリアンプの故障とも勘違いをします、ご注意下さい。これはその局が引っ込めば元に戻りますので分かります。そんな時は少し待ってからもう一度確かめて下さい。

プリアンプ使用の効果について
注意 勘違いして居ませんか  ???
プリアンプの効果はプリアンプ無しで交信可能な強い信号には感じる程の効果は有りません、又強い信号に効果など不要です、プリアンプの使用で効果が有るのはノイズに埋もた本当に弱い弱い電波を受信した時です。プリアンプとはノイズに埋もれて交信不能の信号をノイズの中から浮き上がらせて交信可能にするのが目的なのです。それでこそのプリアンプです。

ひとりごと

限定販売 中古卓上プリアンプ
その 1)
当店の改造プリアンプはNFを重要視していますので
一味違いますょ 必ず驚くと思います。

中古なので キズ 汚れ ハゲ 錆 等が有ります。
キャリコンスタンハ゛イ 強制スタンハ゛イ PTT  付き
こ機種ではコネクターの種類が N 型のみに成ります。
利得 20dB   NF 0.3dB
サイス゛ 約 w115×d125×h40mm
¥ 15.000.- 送料税込

同軸給電回路オプション追加をお望みの場合¥3.800.-(+)
当店販売のプリアンプへの組み込みの場合のみです。


その 2)

430Mhz又は144Mhz の1波のみ コネクターN j jのみ
利得28dB NF0.2dB 送信耐圧 FM100W  SSB250W
コネクターN jj  利得調整有り     -10dB〜+28dB
中身の受信ユニット以外は中古改造品です、ご了承下さい。
受信ユニット以外は中古なので キズ 汚れ ハゲ 錆 等
が有ります、 サイス゛ 約 w115×d125×h40mm
とても小型です、アンテナからのケーブルの短い場合
(モービル)や 移動時にはとても有効になります、 
受信基板は改造では無く当社の新品プリ基板に取り替えて
有ります。素晴らしい感度ですよ。
一度使えば無くては成らない小さくて可愛い宝に成る
筈です。
驚く程遠方の電波を届けて呉れます。びっくりしないで
下さい。必ず買って良かったとお思いに成る筈です。

結線は13.8VとSSB運用ならPTTの3本です。
FM運用なら電源のみです。オプション追加で
同軸給電方式もオプション追加で可能です。パーソナルの
受信プリアンを改造した物です

キャリコンスタンハ゛イ 強制スタンハ゛イ PTT  付き
こ機種ではコネクターの種類が N 型のみに成ります。
¥ 25.000.- 送料税込  
同軸給電回路オプション追加をお望みの場合¥3.800.-(+)
当店販売のプリアンプへの組み込みの場合のみです。

優越感人より良く聞こえるこれは何と言っても
気持ちの良い醍醐味です是非味わって下さい。

スタンダード
タイプの説明

プリアンプの効果が有るのは主に長距離で本当に弱いノイズスレスレの場合のみです、強力な電波の効果は殆ど有りません。FM と SSB では FM の方が感度が良い場合とSSB の方が感度が良い場合と局に寄って違う感じを受けるとの評価をお客様から受けて居ます。

カラSについて、PTT回路のテストに
ついて、は  ひとりごと のページに
記載しています。

直下プリアンプを使用していてもこの改造
で相手の声の明瞭度がぐんと上がります、、

只今制作販売中のプリAmp はノイズレベルを最下限まで下げて
出荷しています。
当社のプリアンプには保護がして有りますので
コントロール及び遅延回路は不要です。
保護回路は多く採用して
いますが、プリアンプの本来の目的の為にNF値を少しでも悪化
させる様な保護回路は採用していません。

100%手作りで一台ずつ完全調整をして出荷しています。
プリアンプ製作販売を始めてから30年に成りました。

製品
製品

LNAとハイパワ
ータイプの説明

NFが良い機種でも 3.5〜5dB 以上も有る無線機
無線機はアンテナの送受信の切り替えにダイオードを使用して居るのでとてもNFが悪いのです、ダイオード切り替えをリレー切り替えに変えるだけでも NF は 1dB 位に成ります。アンテナ切り替えを使用しない 2 線式も NF は 1dB を切る程改善されます。

特性表 (特性写真)
Characteristic table

価格表 Price list

ココからページを
選んで下さい。

星雲
オリオン座の三つ星の南の小三つ星中央にある散光星雲である。肉眼で見える最大の星雲で地球からの距離は1.600光年
お問い合わせcontact
 
カニ星雲

ノイズの中に埋もれて居る信号を
完全に大きく浮き上げる事が出来ます。
メリット 1 がメリット 5 に成ります。


NF値 が低いプリアンプを使用すると信号が浮き上がる理由普通無線機のNFは良い機種でも 3.5dB 前後 です、そこえ NF0.1dBのプリアンプを付けると無線機の内部ノイズが約 3dB 以上改善され内部ノイズのレペルが下がり信号はレベルが下がらないので信号のみ浮き上がる事に成ります、要するにプリアンプの使用に寄り無線機の内部ノイズを改善する事が出来るのです。無線機の高周波増幅の内部ノイズの改善にはプリアンプの利得も関係して出来れば 40dBか 50dB有った方が良い様です、

プリアンプを使用した事でノイズが減ったか増えたか知る方法は強い電波では効果は有りませんので調べる事は出来ません、ノイズスレスレの弱い局を探し出しそれを聞きながらプリの電源を ON .OFF .してみると良く分かります、プリの電源が ON の時に信号のみがノイズの中から浮き上がる筈です。もしプリの使用でノイズが増えたとしたら信号がノイズの中から浮き上がる事は無くノイズの中に沈み込みこんでしまい信号は受信出来なく成るか変化が無い筈です。

0493-56-6040

更新日::2019.1.25.

一部中古リニアアンプ
超広帯域リニアAmp
133Mhz〜174Mhz
400Mhz~470Mhz

1.260Mhz〜1.300Mhz
オールモードリニアアンプ  電源電圧13.8V
注意    最大入力 6Wまで

運用入力1W〜3W  6W以上入力しても出力が増える事は
有りません。 コネクターN j j  リレー 中古
パーソナル無線の中古リニアを430Mhz帯か144Mhz帯か
1.2Ghzに改造した物です。
中身の送信ユニット以外は中古改造品です、ご了承下さい。
送信ユニット以外は中古なので キズ 汚れ ハゲ 錆 等
が有ります、改造受信プリ内臓, 受信感度は素晴らしくしました、
もうおまけでは有りません
送信にはパワーモジュール使用なので電波が綺麗でカブリが
全く感じられません、本当に良く飛びますよ、パワー調整付
とても好評です。
144Mhz 出力 80W  ¥ 36.000.-  送料税込
430Mhz 出力. 60W   ¥ 36.000.-  送料税込
430Mhz 出力. 120W  ¥ 56.000.-   送料税込  
強制ファン付き

プリアンプとLNAの
製作販売のお店

kawagoemusen

プリアンプには限界までNFを下げてNF3.5dBも有る無線機をプリアンプの力で改善する必要が有ります、でないと感度が良く成ったと感じる事は無いと思います、無線機のNFを改善するにはプリアンプのNFが0.2以下のレベルが必要です、その位のレベルですとやっと人間の耳に改善が感じられる様に成ります、プリアンプのNFが0.2dB位の物を接続するとNFの悪い無線機 NFが自然と改善され無線機を含むNFが 0.22dB位には成ります。

NF最低レベルを最重要LNA
を製作しています一度使って
見て下さい驚くはずです。

受信驚異の感度アップ改造
DXサー向き 長距離通信向け
IC-275
15.000.- 
IC-375
23.000.- 
 
TS-711 15.000.-  

この写真はハッブル宇宙望遠鏡から送ってきた星雲の写真です、
何万光年彼方から地球へ届いています、あなたが発射する電波も
何万光年後にはこの星に届く筈です。写真に映っている雲の様な物
は一生を終えて爆発した星の名残り(ガス)で、やがては気の遠く成る様
な時間を経て、又この雲が集り新しい星の赤ちゃんが出来るそうです
45億年前には我々の住む地球もこんな雲の中から生まれたと
言われています。
宇宙望遠鏡
星雲
アクセス Access

ハッブル望遠鏡の
バージョンアップ工事

1000年前頃大爆発したカニ星雲の残骸です。地球からの距離は7.000光年